偉そうな上司・先輩にイラつく。

嫌味ばかり言いやがって。

どうして自分がやらなきゃいけないんだ。

いつも自分ばかり仕事を押し付けられる。

安月給で働いてやってるのに。

 

私はこんな愚痴をこぼしている人を沢山みてきました。

 

 

スポンサードサーチ

愚痴とは?

言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。「くどくど―を並べる」

三毒の一。心性が愚かで、一切の道理にくらいこと。心の迷い。また、そのさま。

仏教用語では、真理に暗く、無知なこと。道理に暗くて適確な判断を下せず、迷い悩む心の働きをいう。根本煩悩である貪欲(とんよく)(むさぼり)と瞋恚(しんに)(怒り)に愚痴を加えた三つを三毒(さんどく)といって、人々の心を悩ます根源と考えた。また、心愚かにも、言ってもしかたのないことを言い立てることを、俗に「愚痴をこぼす」などと用いるようになった。

参考:コトバンクより

 

愚痴は生産性のないものだと私は思っています。

愚痴ることでスッキリしてポジティブに切り替えれるならまだ良いですがネガティブ発言は自分だけでなく他人のやる気までも奪ってしまいます。

「あなたのネガティブ発言」→「他人がネガティブ」→「他人のネガティブ発言」→「さらにあなたがネガティブ」

これって負のスパイラルに突入していると思いませんか?

 

とはいえ、会社と従業員の関係性を考えるとこうなっても仕方がないのかな?とも思います。

 

 

サラリーマンの仕組み

仕事が楽しくないと呟くサラリーマンが多いのは会社の仕組みに問題がある。

私はそう思っています。

 

会社と従業員の関係

 

会社

会社は従業員に給料を支払う代わりに時間と行動を拘束します。

従業員

毎月の給料を保障してもらう変わりに仕方なく時間通りに出勤し、課せられた業務をこなす。

 

会社は従業員が辞めない程度の賃金を支払い、従業員は解雇にならない程度に拘束時間を過ごす。

そして頑張る従業員が良しと思って新しい事を始めようとすると叩かれる。
※上司や同僚に認められるようになれば受け入れられ易くなります。

従業員からすると「頑張って働いたところで給料は変わらないので出来るだけ仕事をしない」という人が増えるのは納得です。

対して、事業主など起業されてる方は直接自分に反映されるので「いかに効率よく業務を終わらせ、収益を上げるか」を考える方が多いように感じます。

やらなきゃ食べていけなくなりますからね。

 

誤解のないよう言っておきますが経営者が偉くてサラリーマンは駄目だと言ってるわけではありません。

全てのサラリーマンが仕事をしていないわけではなく統計的に見て現在の会社の仕組みではそういった従業員がいるのは仕方がないと考えています。

 

なので働かない人が悪いのではなくその仕組みが悪いと考えている私は働かない人を見ても平気になりました(笑)

会社という組織の中で学べる事は沢山あるので私は拘束されてる時間を有効的に使いたいと思っています。

 

 

スポンサードサーチ

サラリーマンが安定しているという錯覚

「公務員や会社員は毎月の収入が安定しているので個人事業主より安定している」という事をよく聞きます。

確かに収入が安定していると安心で予定も立て易いので住宅ローンやマイカーローンなどを組む時に計算が出来ます。

 

しかし、会社もいつ潰れるかわかりません。

公務員だってこの先、どうなるかわかりません。

あなたも出来る!令和を楽しむコツとは?

 

そうなった時に困るのはあなたです。

 

先日、「この先、終身雇用は守れない」というトヨタ社長の発言がありましたがこれまでのように良い大学を出て大企業、公務員になれば安泰という事は無くなったと考えるのが得策でしょう。

 

その為にもこれまでとは思考を変えて拘束されてる時間を自分の為に有効活用しましょう。

 

 

1の努力で10の結果

これは私の好きな著書、本田直之さんの「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」に書いてあった言葉です。

 

 

よく「努力は裏切らない」と言いますが私は半分正解で半分は間違いだと思っています。

私は頑張ってる人を見ると応援したくなるのですが意外と頑張ってる人って頑張ってるわりに結果が伴わない人が多いんですね。

結論から言うと
「間違った努力は人を裏切る」

という事です。

 

努力した事は必ず身になりますがそれを活かせないと無駄になってしまいます。

そうなると「あれほど努力したのに…」となり自ら成長を止める事になります。

 

だから10の努力で10の結果をだすよりも1の努力で10の結果を出せる思考を創る事を私はオススメしたいです。

1の努力で10の結果を出せる人が10の努力をしたら100の結果、いや1000、10000の結果が出せるようになります。

 

スポンサードサーチ

まとめ

「会社と従業員の関係性に問題があるのならモチベーションが上がらなくても仕方がない」と開き直るのではなく拘束されてる時間を如何に有効活用出来るか?という事を考え、あなた自身を成長させましょう。

会社員の愚痴が多くなるのはやらされてる感が大きいのであなたが最終的に目指すところは会社に縛られなくとも生きていける仕組みを作ること。

それにはあなた自身が日々成長出来る習慣を身につけることが重要となります。

 

なので、他人の行動に注目する暇があったら少しでも自分の行動に注目しましょう。

【アドラー心理学】課題の分離が出来るとイライラが減る

 

課題の分離が出来るようになるとイライラは激減しますので是非、マスターしましょう!