2020年のオリンピックイヤーから大きく変わろうとしているこの日本で拘束された仕事の時間を無駄に使う事のリスクは大きいと考えています。